バリスタへの道|資格を得て人気コーヒー店へ

男性

有資格者のメリット

コーヒーを煎れる人

バリスタになるのに資格は必要ありません。しかし、バリスタの資格を有していることは、将来喫茶店の経営を考えている人やコーヒーショップで働きたい人にとって大きなメリットになります。例えば、有資格者になった時のメリットとして、自分の技術の証明ができるというのは最たるものです。お店の宣伝にも書くことができますし、実際に技術を学んでいるのでただコーヒーを淹れるのとは違い、より高いクオリティの味わいをお届けすることができます。もちろん、きちんと技術を習得していればの話になりますので精進は必要ですが、それでも資格を有していない人に比べお客さんの信頼度は高くなるので、リピーターがつきやすくなります。また、宣伝次第で新規のお客は増えやすい傾向にあるので店が軌道に乗りやすいのもポイントです。
もう一つのメリットとして、就職に有利という点も挙げられます。コーヒーショップではバリスタの需要が高いです。よりクオリティの高い味を出すことの出来る人材というのはどこの店からも喉から手が出るほど欲しい人材であり、面接時に有資格者であることを告げれば面接が非常に有利になります。また、技術において絶対の自信があるのなら、大衆向きのコーヒーショップではなく高級志向のお店でも歓迎されやすいので、技術に自身があるのであればお店を探して面接を受けてみましょう。なお、そういったお店の場合、身だしなみのチェックも厳重なため、スキルだけではなくマナーなどもきちんとマスターしておきましょう。