バリスタへの道|資格を得て人気コーヒー店へ

学習用具
ウェイター

専門の技術を磨くためには

コーヒーの淹れ方でより専門的な技術を学ぶため場合独学では効率が悪いです。カフェのスクールで講座で技術や知識を学び、よりコーヒーに対する造詣を深めましょう。講座はネットで調べることができます。

コーヒーを煎れる人

有資格者のメリット

コーヒーを淹れる人であるバリスタの資格を有している場合、様々なメリットがあります。就職に有利である他、有資格者であるということの自信と経験は、スタートラインの時点で非常に有利になります。

バリスタを目指す

珈琲を持つ人

バリスタとは、喫茶店でコーヒーを淹れる人のことを指します。コーヒーは、淹れ方によって風味も香りも全く違い、ただ漠然と淹れたのとは天と地ほどの違いがあります。バリスタになる場合、特に必要な資格は必要ありません。極端ないい方をすれば「自分はバリスタだ」と名乗ればそれでバリスタになることができます。しかし、技術をわかりやすく証明するためにはバリスタの資格が必要になります。
バリスタの資格は、一般社団法人JBA(日本バリスタ協会)が行っている講座を受け、ライセンス試験に合格するか、一般社団法人SCAJ(日本スペシャリティコーヒー協会)が主催するコーヒーマイスター養成講座を受講し認定試験に合格することで取得できます。どちらも別の資格であり、どちらが優れているというわけではありませんが、資格を有しているのといないのとでは様々な違いがありますもし、有資格者になった場合、技術や知識習得以外にも様々な恩恵があります。たとえば、就職です。面接時に有資格者であることを証明すれば、コーヒーショップや喫茶店の面接で有利に働きます。また、そこで経験を積み更にスキルを磨くことで、より待遇がいいところへ転職がしやすくなる他、独立もしやすくなります。お店を開く場合、バリスタの資格を有しているということを宣伝の際に視覚化することで、お客からもより強い信頼を得られやすくなるため、お店の知名度も上がりやすくなります。ちなみに、JBAの試験会場は主に東京か大阪になります。

調理道具を持つ女性

美味い料理をつくるため

調理師の専門学校では様々な料理を学べます。和食や洋食、中華料理などといったバリエーションを増やしたい方は通ってみましょう。また、ふぐの調理を出来るようになりたいなら学校に通う必要があります。